現金払いを卒業 〜クレジットカードは怖くない〜

こんにちは。夫の”るぅ”です。

皆さんは、普段からクレジットカードを利用されていますか?

基本的に私たち夫婦は、使えるところはクレジットカード払いしかしません。

なので現金もあまり大きな額を持ち歩いていません。

今回言いたいことはただ一つ、現金払いを脱却し、クレジットカード中心の生活に切り替えよです。

スポンサーリンク
PC 336×280




クレジットカードは怖くない!!

よく現金払いにこだわる人に理由を聞くと、概ね下記のようなことを答えてくれます。

  • いくら使ったかわからず、管理できなくなるのが怖い
  • 落とした時など、悪用されるのが怖い
  • なんとなく怖い

気のせいです!ぜんぜん怖くないです!笑

クレジットカードのことを理解していると、現金払いよりもよっぽど安全で、管理も容易であることがわかります。

今回はそんな現金払い派の皆さんの怖いを取り除きたいと思います。

落としたって大丈夫!!

仮にクレジットカードを落としたり、盗まれたりしても大丈夫です。

たとえ不正に利用されてしまっても原則としてクレジットカード保有者に請求が発生することはありません

私も以前、不正利用されたことがありますが、その代金はちゃんと戻ってきました。

それほど頻繁に起きるトラブルでもありませんし、不正な利用はクレジットカード会社が常に監視していて、少しでも怪しい取引があると、報告や確認してくれます。

現金を落としてしまった場合は誰も保証してくれませんので、クレジットカードの方がはるかに安全です。

また、クレジットカードを落としたとしても、流出する可能性があるのは名義人やカード番号などで、銀行口座情報や決済情報などが盗まれることはありません。

お金の管理は現金よりはるかに簡単!!

現金払いの人で、毎月何にどれくらい支払っているか正確に把握されている方っていますか?

おそらく、ざっくり把握していたとしても、詳細に分かる方は皆無だと思います。

私は詳細に応えることができます。

クレジットカード払いしかせず、家計簿サービス「マネーフォワード」で管理しているからです。

家計簿サービスを使うことで、毎月何にどれくらい支払っているかはもちろん、複数のカードの引き落とし予定額まで分かるので、現金払いをするよりよっぽどお金の管理が簡単なんです。

家計簿も自動でつけてくれるので、自分がこれからどんなところを節約していくべきか計画を立てることもできますし、改善の結果を見える化することでモチベーションアップにも繋がります。

そんなわけで、いくら使ったか管理ができなくなるから怖いなんてことは全くありません

マネーフォワード」を紹介している記事は下記からどうぞ!

クレジットカードには保険の機能もある!!

クレジットカードには、現金購入では有り得ないような保険の機能を持っているものも数多くあります。

例えばショッピング保険。クレジットカードで購入した商品が、破損したり盗難にあった場合に適用される保険で、購入してからある一定の期間補償してくれます。

例えば旅行傷害保険。カードによて程度は異なりますが、旅行中のケガや病気、携行品の破損や盗難、法律上の賠償責任を負った場合などを補償してくれます。

他にもカードで支払った航空便の遅延や欠航、手荷物の配達遅延・紛失などで負担した一定の費用を補償してくれる航空便遅延保険など、カードによって様々な保険サービスを受けることができます。

まとめ

お金の管理のしやすさや・安全性・保険機能など、どれをとっても現金払いよりクレジットカード払いの方が優れていることが分かっていただけたでしょうか。

何はともあれ、全てをクレジットカードで払う習慣に切り替えていきましょう。

今回はクレジットカードの安全性や管理性の側面のみをご紹介させていただきました。

次回の記事では、クレジットカードの金銭的メリット、すなわち現金払いと比較してどれだけクレジットカードがお得であるかにスポットをあてて紹介したいと思います。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする