日本人には知られてない?タイの隠れ観光スポットクラビ

ぽりんです。

この前、おすすめ観光地:タイの秘境 ピピ島のマヤベイに行ったよを書きましたが
マヤベイ(ピピドン島)に行くためには
王道!プーケット島経由以外にも、
クラビを経由するルートがあります。

このクラビという街、
欧米人には人気のある観光スポットであるものの、
日本人にはあまり知られていません。

プーケット島は高級ホテルが立ち並ぶザ リゾートであるのに比べ、
クラビは 庶民派リゾートといった雰囲気でしょうか。

大きなホテルは少なく、
ホステルなどがメインのバックパッカーが訪れる雰囲気の街です。

また、プーケット島ほど開発されておらず、
切り立つ石灰岩とジャングルに囲まれた
ワイルドな雰囲気が楽しめます。

せっかくマヤベイへ行くなら、
プーケット島ではなく是非このクラビを拠点にして行っていただきたいです!!!

クラビの見どころを紹介しますー

見どころ1 ジャングルの中に温泉?!

実はタイにも天然温泉が沸いてるんですねー。

クロムトム温泉」と言います。

水着で入れますよ!

日本の温泉とは全く違う雰囲気で、
石灰の色でやや水色に濁っています。

ナイトプールよりよっぽどフォトジェニックですね。

見どころ2 岩壁に囲まれたビーチと緑がかった海

私が撮った写真です。


海がみどりぃいいいい。

切り立つ岩いわ!!!!!!!!!!

見どころ3 アイランドホッピングが楽しい

クラビにはたくさんの島があり、

それぞれに特徴があります。

そのうちの一つがマヤベイで有名なピピドン島です。

そのほかにも

モンキー島(正式名称がわかりません・・)という

野生の猿がうじゃうじゃいる島にもいけちゃいます

見どころ3 低価格ですてきなホステルがたくさん

最近では、ホステルも綺麗で安いところが増えており、

クラビにもそんなホステルがたくさんあります。

私が宿泊したのはGlur Hostelというところです。

1泊あたり約1600円と低価格です!朝ごはんも付いていますよ!

ホステル敷地内は広々としていて、

ハンモックでぼけーーっと過ごすのも至福のときでした。

クラビへのアクセス

タイ南部、プーケットの対岸に位置します。

日本からの直行便はありませんので、
バンコクを経由することになります。

バンコク-クラビ空港へは 1時間20分です。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC 336×280