陸マイラーになるための手引き

るぅ です。

“陸マイラー”という単語をご存知でしょうか。

“りくまいらー”ではなく”おかまいらー”と呼ぶのだそうですよ…

サーファーの格好をしているのに、実際はサーフィンなどしたことない人たちを揶揄する”陸サーファー”という言葉が語源です。

昔は、サーフィンやってるっぽい格好したらモテたらしく、出来もしないサーフボードを担いで格好つける人もいたそうな…

スポンサーリンク
PC 336×280




陸マイラーとは なんぞや?

航空系マイルの一つ、ANAマイルってご存知でしょうか?

ANAの飛行機に乗ったときに、マイルと呼ばれるポイントがたまり、そのポイントで無料航空券などがもらえる制度です。

いっぱい飛行機に乗ってくれたお得意様に、サービスを還元してくれる制度ですね。

マイルとは本来飛行機にいっぱい乗ることで溜まっていくのですが、飛行機に乗らずにマイルを貯める人々のことを”陸マイラー”といいます。

我々夫婦も、ひよっこではありますが”陸マイラー”でございます。

2017年10月には、飛行機に乗らずして貯めたANAマイルで、ビジネスクラスでフランスのパリに行ってまいりました。

普段の生活の中で一工夫をするだけで、少なくとも2年に1回は海外旅行に行けちゃうんです!!

今回は現代の乞食”陸マイラー”を目指すための解説をステップに分けて解説していきます。

JALでもどうようにマイル制度はあるのですが、マイルのためやすさでいうとANAの方が上です。

ですので、今回はANAマイルを貯めることに特化したいと思います。

マイルを貯めるための5ステップ

マイルを貯めるには様々な方法があるのですが、基本的に下記の5ステップを真似してもらえれば、バッチリです。

年1回の海外旅行を目指して一緒に頑張りましょう!

ステップ1:飛行機にのる

さっき飛行機に乗らずにって、宣伝しておきながらごめんさい…笑

飛行機に乗るときも、少し意識してほしいことがあるんです。

全世界には様々な航空会社がありますが、大きく3つのグループに分かれているんです。

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

ANAはスターアライアンスは所属しており、JALはワンワールドに所属しております。

ANAのマイルを貯めることに専念したいのであれば、飛行機を選ぶ際はなるべく、スターアライアンスに所属している航空会社を選ぶようにしましょう。

同じグループの航空会社であれば、ANAマイルを貯めることができるんです。

ばらばらと、いろいろな航空会社にマイルを分散してしまうより、少しでもまとめた方が効率出来ですよね。

航空会社をこだわるあまり、航空券の価格が大きく上がってしまっては節約の本末転倒ですので、同じくらいの価格で複数の航空会社が選択できるときに、スターアライアンスチームから選ぶ程度の意識でいきましょう。

スターアライアンスチームの航空会社一覧は下記からどうぞ!

ステップ2:クレジットカードで生活費決済をする

このブログで何度も申し上げていますが、普段の生活ではなるべくクレジットカードで決済するようにしましょう。

これは、明細がでることで生活費を管理しやすくするだけでなく、決済額に対してクレジットカード会社のポイントがけっこう溜まるんです。

このクレジットカードのポイントをすべてANAマイルに変えることで、年間で相当量のマイルを生み出すことができます。

例えば我が家のメインカードANA VISAワイドゴールドカード」で年間300万決済した場合、少なくとも3万マイルは絶対たまります

すこし手間をかけて工夫してあげることで5万1,600マイル溜まります。

ハワイまでの航空券が平均4万マイルですので、あっという間にハワイ旅行できちゃいます。

未だに現金にこだわっている人は多いですが、本当に理解できないです。

ANAマイルを貯めたい人向けのオススメのカードは下記からどうぞ!

ステップ3:クレジットカードの入会キャンペーンを活用する

新規でのカード入会ではキャンペーンをやっていることが多く、それを利用します。

入会するだけでポイントがもらえたりするカードもあれば、”入会後カードを一回でも使用する”や、”入会後6ヶ月以内に10万円決済する”などの条件があったり様々ですが、条件クリアが難しいものはありません。

クレジットカードで生活費を決済する生活に切り替えてしまえば楽勝です。

なかでも、ANAカードはキャンペーンをやっていることが多く、得られるマイルの量も数万マイルと非常に大きくなるのでオススメです。

さらにANAマイ友プログラムという紹介制度も併用でき、もらえるマイルを上乗せできます。

2017年12月に結婚式をするのですが、本来現金での支払いしか認めていないようでしたが、どうしてもカードじゃないと払いたくないとワガママをいって、カード決済にしてもらいました。

それに合わせて、複数の新規カードをつくって準備したり、涙ぐましい努力をしてたりもします…笑

ステップ4:ポイントサイトを利用する

ステップ3の新規カード発行に合わせて活用したいのが、ポイントサイトです。

ポイントサイトを通してクレジットカードの発行を行うと、カードの新規入会キャンペーンとは別にポイントがもらえます

ポイントサイトで得たポイントも、マイルに交換できます。

そのまま公式ホームページでカードを発行したりして、機会損失しないように、しっかり活用しましょう。

クレジットカード発行以外にも、銀行口座の開設や、ネットショッピングの利用でもポイントが貯まります

我が家は、ヤフーショッピングやロハコでお買い物をすることが多いのですが、かならずポイントサイトを通して、お買い物をします。

お買いもの額の1%分の価値のポイントがもらえるので、実質値引きと同じです。

詳しいポイントサイトの解説は下記からどうぞ!

ステップ5:死蔵カードで自動でマイルを生成

ANAカードは持っているだけで、年に1回の更新月にマイルがもらえます。

まったく使わないけど、持って保管しているだけでマイルを生み出してくれるカードを、陸マイラー界では死蔵カードと呼んでいます。

私も新規発行キャンペーンの美味しい汁を吸い終わって、使われていない死蔵カードを複数持っています。

この死蔵カードを発行するときも、ポイントサイトの利用や、新規発行キャンペーンを有効活用するのを忘れないでください。

オススメの死蔵カードについては下記からどうぞ!

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする