三井住友ANAカードが届いたら最初にやっておくべき設定

こんちゃわ。るぅです。

みなさまANAマイラーになる準備を進めていらっしゃいますでしょうか?

今回は、ANAカードが届いたらすぐにやっておくべき設定について紹介します。

年会費を抑えるためだったり、マイルの大量獲得のためだったり、かなり重要ですので、必ず設定を変更しておきましょう。

スポンサーリンク
PC 336×280




年会費抑制のためにWEB利用明細とマイペイすリボの登録

こちらは、基本中の基本です。

まずANAカードが届いたら年会費抑制のためにWEB利用明細とマイペイすリボの登録を行いましょう。

web上で手続きする方法をこれから説明しますが、わからなかったらカード裏面のカスタマーサポートに電話すればすべてやってくれますので、考えるのが面倒な方はそちらでどうぞ

WEB利用明細

WEB明細利用とは、カード利用明細が紙で郵送されてくるところを、WEB上で確認するだけにする設定です。

過去1年間に6回以上の請求がある方が割引となります。

年会費割引額

各カードの年会費割引額は下記になります。

家族カードは残念ながら割引対象外です。

一般カード税抜2,000円+税 → 税抜1,500円+税 (税抜500円+税割引)
ワイドカード税抜7,250円+税 → 税抜6,750円+税 (税抜500円+税割引)
ワイドゴールドカード税抜14,000円+税 → 税抜13,000円+税 (税抜1,000円+税割引)
学生カード在学中年会費無料
ANA VISA Suicaカード税抜2,000円+税 → 税抜1,500円+税 (税抜500円+税割引)
ANA TOKYU POINTカード税抜2,000円+税 → 税抜1,500円+税 (税抜500円+税割引)
ANA VISA nimocaカード税抜2,000円+税 → 税抜1,500円+税 (税抜500円+税割引)

設定方法

まずは下記から三井住友カードVPASSのweb明細サービスの設定ページにアクセスしてください。

VPASS公式:https://www.smbc-card.com/mem/oshiharai/wm_mail_top.jsp

[お申し込みはこちら]というボタンがあるので、そこから手続きすれば完了です。

簡単でしょ?

マイペイすリボ

こちらが年会費節約の大本命になります。

マイペイすリボとは、カードを一回払いで払った時に自動的にリボ払いになるサービスです。

これがけっこう恐ろしい仕掛けで、例えば20万円のバッグを買って、リボ払い支払額を3万円に設定していたとすると、毎月どんなに大きな買い物をしても3万円しか請求されませんので、20万円のバッグを7ヶ月かけてゆっくり返済できるんです。

負担が分散されて利点のようにも思えますが、長い期間をかけて支払いを行うとその間、利子がかかります。この利子が非常に高いんです…

毎月3万しか請求されないことに安心して、いろいろなものをカードで買うとあっという間に、すごい額の借金をしているのと同じ状態になります。

まぁ、「今持っている現金の量で買えないものはカードで買うな」が原則ですね。

じゃあ年会費が安くなったとしても、リボ払いは設定するのをやめておこうってなるところですが、毎月支払う設定額を、限度額と同じにしてしまえばいいんです。

100万円がカード限度額の人は、毎月リボ支払額を100万円にしてしまえばいいんです!笑

これで手数料や利子はまったく発生することなく、年会費を割引できます。

年会費割引額

年一回カード利用するだけで、家族カードの年会費まで割引になります。

通常はマイペイすリボ割引が適応されると、web明細割引は適応されないのですが、ワイドゴールドカードに関しては、WEB明細と併用してダブルの割引が効くことで税抜9,500円+税まで下がります。

一般カード 本会員税抜2,000円+税 → 税抜1,025円+税 (税抜975円+税割引)
家族会員税抜1,000円+税 → 税抜475円+税 (税抜525円+税割引)
ワイドカード 本会員税抜7,250円+税 → 税抜6,275円+税 (税抜975円+税割引)
家族会員税抜1,500円+税 → 税抜975円+税 (税抜525円+税割引)
ワイドゴールドカード 本会員税抜14,000円+税 → 税抜10,500円+税 (税抜3,500円+税割引)
家族会員税抜4,000円+税 → 税抜2,500円+税 (税抜1,500円+税割引)
学生カード 本会員在学中年会費無料
家族会員
ANA VISA Suicaカード 本会員税抜2,000円+税 → 税抜751円+税 (税抜1,249円+税割引)
家族会員
ANA TOKYU POINT 本会員税抜2,000円+税 → 税抜751円+税 (税抜1,249円+税割引)
家族会員税抜1,000円+税 → 税抜475円+税 (税抜525円+税割引)
ANA VISA nimocaカード 本会員税抜2,000円+税 → 税抜751円+税 (税抜1,249円+税割引)
家族会員税抜1,000円+税 → 税抜475円+税 (税抜525円+税割引)

設定方法

下記からマイペイすリボの設定ページに飛んでください。

VPASS公式:https://www.smbc-card.com/mem/revo/mypace.jsp

[お申し込みはこちら]のボタンを押して、設定を進めて行ってください。

お支払いコースは、定額金額コースで、自分の限度額と同じにすればOKです。

支払額の変更方法

申し込みの際に、すでにマイペイすリボの申し込みをした人は、支払額が少なく設定されていると思いますので、支払額変更をちゃんと行いましょう。

まずは下記からトップページに飛び、添付画像のようにメニューバーから[リボ払い&キャッシング]にカーソルを合わせ、[リボ払いのお支払い金額の変更]を選択しましょう。

VPASS公式:https://www.smbc-card.com/memx/mypage/index.html

[総額を申し込む]を押しましょう。

下の最低お支払額の変更申し込みにチェックを入れて、次へ進んでください。

お支払いコースのご変更の枠に、限度額と同じものを入力してください。

[確認をする]を押せば設定完了です。

あとは普通のカードと同様に一回払いで使えば、年会費がグッと抑えれれます。

総括

三井住友ANAカードが届いたら、WEB利用明細とマイペイすリボの登録を実施して、年会費割引を適応させるべし
WEB上での設定に迷ったら、カード裏面のカスタマーサポートに電話すれば、すべてやってくれるのでお任せするのもOK
スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする