YZF-R1 ’09~’14年式のオススメのスリップオンマフラーを紹介。

こんちゃわ。るぅです。

YZF-R1 ’14年式にのってます。

久しぶりにバイクに乗ろうと思ったら、バッテリーが完全にお亡くなりになってました。

ごめんね 僕のR1…

まぁそれは置いといて、今回は’09~’14年式のYZF-R1適合するオススメのマフラーを紹介します。

  • 2009(1KB3)
  • 2010(1KB3)
  • 2011(1KB3)
  • 2012(RN24J)
  • 2013(RN24J)
  • 2014(RN24J)

バイク買ったらマフラー変えようぜ!!!

スポンサーリンク
PC 336×280




車検非対応

車検に対応していないマフラーであれば、選択肢は多い。

車検のたびに付け替えは面倒だが、ご機嫌なサウンドを手に入れられる。

USヨシムラ R-77 DUAL 3/4エキゾースト

私も使用している一番のオススメマフラー。

これの凄いところは、触媒の手前のマフラーが二股に分かれるところから交換できること。

フルエキだとパワコンでの燃調変更が必要だったりするので、本当に助かる。

触媒ストレートなので車検は通らなくなるが、軽量化に加えて、音が神になる。

自分自身で取り付けたので、精度が良くて加工なしできっちり取り付くことも保証済み。

インナーバッフル付だから音量を抑えることが可能。

下記のリンクから、詳細に紹介している記事に飛べるので、参考にしてください。

2009 Yamaha YZF R1 Candy Red Raven Yoshimura R-77 3/4 carbon fibre exhaust

触媒部分はキャンセルしたくなくて、サイレンサー部分だけ交換できればいいよって人は下記からどうぞ。

交換は3/4に比べて手軽になります。

USヨシムラ TRC-D Dual


一個前に紹介したUSヨシムラマフラーの、別バージョン。

サイレンサー排気口が二つ穴になって、威圧感がやばい。

二つ穴になったため、インナーバッフルは付属していない。

3/4システムではないので、残念ながら触媒はキャンセルできないが、音が良くなることは確か。

動画の06:00~から見てください。

YAMAHA R1 with a MONSTER YOSHIMURA Exhaust – Start-Up & Revving

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)  カーボン Slip-On

ヨーロッパにおいて最大級のオートバイエキゾーストメーカーであるAKRAPOVIC製。

当然性能はいいし、精度も申し分ないのだが、人と被る可能性が高いのが難点。

あと他社に比べて値段がバリ高い。

一度はアクラのフルエキを買ってみたいが、やっぱ高え…笑

'12 YZF-R1 カナダ仕様 アクラポビッチ(AKRAPOVIC)スリップオン

Toce Performance T-Slash

インパクト抜群の竹槍マフラー。

消音する気を感じさせない作り!笑

ぶっちゃけコレを買うか、USヨシムラのR77-3/4システムを買うか迷ってました。

触媒キャンセルできるという点でR77-3/4にしましたが、デザインの点では唯一無二のコレが欲しかった。

一生懸命調べたがヤフーショッピングしかありませんでした。

Yamaha R1 Toce Exhaust STARTUP

TERMIGNONI(テルミニョーニ)  DUAL カーボン

MOTOGPやワールドスーパーバイクで、長きに渡って活躍しているイタリアのメーカーです。

性能や精度の良さは折り紙つきだが、値段が高いのが難点。

音量的には比較的マイルドで、トルクや性能重視。

マイルドといっても日本の基準では無理です。

アメリカ製が爆音傾向なだけで、ヨーロッパ製はマイルドな傾向があります。

排気口のあたりの丸みがチャームポイントです。

Two Brothers(ツーブラザーズ) M-2

アメリカのツーブラザーズが発売しているM-2というマフラーです。

音は爆音。

細身なのでケツをスッキリさせたい人に特におすすめです。

値段もわりかしリーズナブルなとこが良い。

Yamaha YZF-R1 2011 Two Bros CF Black Series Exhaust (FULL HD)

下記がシルバーシリーズのカーボンモデルです。

下記がシルバーシリーズのアルミニウムモデルです。

asfas

asfasfasfas

asfasfasfasf

LeoVince(レオビンチ)EVO2 LV ONE

LeoVince(レオビンチ)は、1954年創業のイタリアの高性能バイクマフラーブランドで、マフラーの年間生産量は、ヨーロッパ最大を誇る120万本です。

研究開発から生産まで一貫して自社でやっており、こだわりのイタリアンマフラーです。

2009 R1 With Upgrades

ヤフーショッピングのみで販売してました。

下記がカーボン仕様。

下記がステンレス仕様です。

追記中・・・

車検対応

車検対応マフラーになってしまうと、どうしても選択肢も限られてしまいます。

音の変化よりも、ビジュアルカスタムの要素と思ってください。

まぁ実際性能のことを考えたら、車検対応マフラーのほうが低速トルクが落ちたりしないので、良いと思います!笑

*現状一個しか販売中の車検対応マフラー見つけられませんでした…

*やっぱマフラー変えるなら割り切って、海外製をお勧めします。

ヨシムラ R-77J 国内仕様

日本のヨシムラが生産している車検対応の政府認証マフラーです。

純正よりレーシーな音に変わりますが、過度な期待はしない方がいいです。

デザイン的にはぼてっとした純正マフラーからだいぶスッキリさせることができます。

また、ヨシムラマフラーのいいところは、デザインの組み合わせが豊富なことです。

本体のカバーはチタン・ステンレス・カーボン仕様の3種類で、エンドキャップ部分がスレンレスかチタンの2種類で 2×3=6種類の組み合わせから好きなデザインを選ぶことができます。

国内仕様と海外仕様の比較動画があったので、参考にどうぞ。

海外仕様のR-77は車検非対応で紹介しています。

【motovlog#24】ヨシムラマフラー国内仕様と国外仕様のマフラーサウンド聴き比べてみた。【モトブログ】

ヤフーショッピングだと品揃えが豊富で、様々なバリエーションから選ぶことができます。

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)  カーボン Slip-On 国内仕様

ヨーロッパの人気メーカーAKRAPOVICが生産しているマフラー。

精度や性能がいいのは間違えないのだが高い。

ヤフーショッピングで辛うじて見つけたが、売り切れになっていた。

結構頑張って探したのだが、車検対応の国内仕様は出回っていないっぽい。

車検非対応の海外版を買ってください。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする