浅草のルーム型リアル脱出ゲーム『Escape from the Red Room』の感想!

ぽりんです。

同期と「なんか楽しいことしよぉ〜」ということで、

従前気になっておりましたリアル脱出ゲームに参加してきました!

初脱出ゲーム!わくわく!

ルーム型と言って、密室に閉じ込められるタイプの脱出ゲームです。

参加費は1人1,800円です。意外とお手頃!

都内で2番目に成功率の低い脱出ゲームだそうで、脱出成功率は5%!ひえええ・・

800円で10分延長できますが、それでも成功率は20%だそうです。

(私たちは延長までしましたが、脱出できませんでした^-^)

同期4人で参加したのですが、私たちの他に2人組の女の子も居たので、6名で脱出に挑むこととなりました。

知らなかったのですが、このゲームは6名1組なので、5名以下で参加すると他の方と一緒に脱出することになります。他人とやるのは気まずい!という方は6名で参加することをオススメします。

とはいえ、タイムリミットがある中で謎解きをしなくてはならないので、気がついたら他の参加者とも打ち解けちゃえますよ。

ネタバレ禁止なので、書けることが限られていますが、

とにかく すっごく楽しかった!

よくできてます。

一番最初の絶望感が半端ないです。え、ここから脱出するの?なにをどうしたらいいわけ?となります。

情報量が多すぎて処理できないのではなく、情報量がなさすぎて、呆然とする感じです。

でも、最初の謎が解けた時 こりゃあすごい、となりました。

我々は初脱出ゲームでしたが、ネットでみるとこちらの脱出ゲームは口コミ評判が高いようです。たしかによくできてる。

ちなみに、こちらの脱出ゲームは言語に依存しないゲームということで、

外国人の方でも参加できるようです。海外の友達が来たら連れて行きたいですね。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC 336×280