PS4向けに買った中華イヤフォンの『KZ ZSN』が予想以上に良かったのでレビュー

こんちゃわ。るぅです。

普段使いのイヤフォンは下記でレビューをした「NUARL NT01AX」を使用しています。

音質がどうだとかハッキリ違いがわからないので、完全ワイヤレスが大正義だと思ってます。

使ったことない人は、絶対試してみるべき!!

こんちゃわ。るぅです。 最近異常に出費が激しい気がしています...笑 引き締めていかないと... 完全ワイヤレスイヤフォン『N...
スポンサーリンク
PC 336×280




PS4用に中華イヤフォン『KZ ZSN』を買ってみた。

さてさて、そんな完全ワイヤレス派の私ですが、PS4のパーティーチャットで使用する都合上、PS4に対応している有線のイヤフォンが必要になりました

公式のワイヤレスヘッドセットも買って試したことあるのですが、頭や耳が痛くて合わなかったので、売り払いました。

なるべく安くて当たりの商品を求めて、いろんなサイトを調べたのですが、下にリンクを貼った人を信用して『KZ ZSN』を選びました。

『KZ ZSN』をレビユー

見た目の話

まずは外箱から。

かなり安っちい感じで不安になります。

蓋をあけるとこんな感じ!!

外箱とケースはちゃっちぃけど、本体はなかなか綺麗!!

全体像はこんな感じ。

マイクがすげえしょぼいけど、イヤフォン本体や、ケーブルはかなり高級感あります。

こういう編んであるケーブルってすごく高そうに感じるのは私だけでしょうか。

この質感で2000円ちょっとは驚異的。

3種類のカラーリングが存在しますが、Silver Purpleをチョイス。

装着感の話

こちらのイヤフォンですが、いわゆるSHURE掛けという、コードを耳の上にかけて装着するタイプになります。

私はネットでも評価の良い「SHURE SE215」というイヤフォンを使っていたことがあるのですが、本家に比べて装着感は落ちますね。

とはいっても「SHURE SE215」は特別に装着感がぴっちりしているイヤフォンですので、それと比較するのは、厳しすぎるでしょう。

むしろピチピチの密着感が薄れた適度な感じで、疲れにくく、ちょうどいい塩梅だと思いました。

音質の話

イヤフォンには大別して、2タイプあります。

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型です。

色々な違いがあるのですが、基本的に多くのイヤフォンでダイナミック型が採用されています。

一部の高級機種にバランスド・アーマチュア型が採用されています。

私はバランスド・アーマチュア型に強い憧れがあったのですが、有名なSHUREの製品だと物凄く高価で手が出せない…

今回買った『KZ ZSN』はダイナミック型とバランスド・アーマチュア型が一基づつ搭載されて2000円ちょいってことで、購入を決定しました。

結果的にいうと、マジで音質の違いわかんね!!笑

今回買った『KZ ZSN』も、2000円だけど良い音を鳴らすように感じるし、マイクも十分使えるし…

要するに何も不満はないです。

結構1万超のイヤフォンを試したり、完全ワイヤレスイヤフォンを試したりしてるけど、結局は音質に関しては大きな違いが私にはわかりません!!

総評

高級感のある見た目で、音質も満足できるレベル。

2000円という価格でこの満足度は正直期待している以上に良い。

PS4はけっこう結構特殊で使えないイヤフォンもあったりするが、こちらはマイクも含めて全て正常に動くようなので安心しました。

安い&有線&派手なイヤフォンを探している方にはオススメできます。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする