表参道:贅沢の極み!ウニ9種食べ比べもできる『青海』で絶品鮨を食す!!

こんちゃわ。るぅです。

素晴らしいお寿司屋さんに出会えたので、紹介します。

表参道駅が最寄駅の『青海』というお店です。

元々新宿にもお店を出していたそうで、今月の11日に表参道にもオープンしました。

とっても綺麗な店内で、広々としたカウンターで日本料理出身の大将が握ってくれます。

とっても気さくで話しやすい。

個室も用意があって、10名の席も作れるみたいです。

会食などにぴったり!!

スポンサーリンク
PC 336×280




ドリンクに関して

ドリンクのメニューが非常に豊富で、リーズナブルなものからプレミアムなものまで揃っています。

ウイスキー・日本酒・焼酎・赤白ウイスキー・シャンパンまでなんでもござれ。

私はいつも通り、まずは白州のハイボールから!!

特に印象に残っているお酒は、大将がお勧めしてくれた「梵 日本の翼」

日本政府専用機の正式機内酒に指定されている純米大吟醸酒!

とっても優しく柔らかで、 スーッと入ってちゃいます。

魚は日本酒やでえ!

あとは、こちらのグラスワインでいただく焙じ茶と緑茶!

もうね、香りがすごいんですよ。

冷やでいただくお茶なのに、この濃厚な味と香りは驚嘆でした。

珍しい品だと思うので、興味ある方は是非!笑

お料理

前置きが長くなりましたね!笑

本題はここからですよ…

日本食出身の対象のお料理を特とご覧あれ!!

握りがおいしいのは勿論でしたが、その他のお料理がとても上品で完成度が高く、非常に印象の残りました。

すまし汁

かつおで出汁をとったすまし汁。

出汁の味や香りを生かした一品で、これから先のお料理の期待が高まります。

中トロ 握り

いきなり主役級!!

「お腹が空いているときに美味しいネタを」との大将のお言葉。

赤身系は赤酢を使ったシャリ、白身系は白酢を使ったシャリと使い分けていました。

ブリのお造り

とーっても油がのっていて甘いです。

藁でいぶしているそうで、ほのかにスモーキーな香り。

お造り一つにしても拘ったお料理を提供してくれます。

手前は山葵、奥は柚子胡椒と、異なった味を楽しめます。

前菜9種

重厚な蓋を開けて出てきたのは、可愛らしい9種類の前菜!!

一つ一つ丁寧に説明していただきましたが、果たして記憶があっているか…

左上から右に順番に…

  • 甘海老の昆布しめ とろろ昆布がけ
  • 数の子の味噌漬け
  • 白身魚の酒盗和え
  • ザーサイの浅漬け
  • 胡麻豆腐
  • タコの柔らか煮
  • カブの漬物
  • 石川のおいもの田楽
  • クリームチーズと酒粕

すごい品数です…笑

初っ端からこの飛ばし方で、お腹が大丈夫でしょうか?笑

あと可愛い!

対象が表参道の立地に相応しいオシャレなお料理をと考えて考案されたそうです。

どれも良かったけど、一番印象に残っているのは「数の子の味噌漬け」と「クリームチーズ」かなぁ…

ヒラメ

ひらめ!大好き!

ちなみに醤油ネタには、大将が適量のお醤油を塗ってくれています。

アジ

ネギ生姜が添えてあり、すり鉢ですっているそうです。

スミイカ

塩でいただくスミイカ。すだちが絞ってあります。

黒いのは墨塩で、このイカの墨で作っているそうです。

最後にほんのり残る墨の香りの余韻が最高。

マグロの顎の蒸し焼き

みぞれ出汁でいただく、マグロの顎。

かなり感動しました。

お肉はホロホロトロトロで旨味が凄まじい。

優しい味のお出汁は気に入りすぎて、全て飲み干しました…

そして、お皿が可愛い!

大将曰く、表参道を意識しているとのことです!笑

しめじ・春菊・蟹身のおひたし

マグロの油を流して、次からのお料理も美味しくいただけるようにとのこと。

心遣いもしっかりしていて、ほっこりします。

ウニの9種食べ比べ

こちらが、名物のウニの食べ比べです。

大将が全部並べてくれました!!笑

こんな光景見たことある!?

綺麗な器に入れて、提供してくれます。

まずは一つ一つ食べ比べ!

ぜーんぶ味が違うんですね。

当たり前なのかもしれないけど、こんな経験したことないので…

とっても新鮮で臭みなどまったくないので、凄い量だけど食べられちゃいます。

酢飯・塩・のり・山葵も一緒に提供されます!!

お塩は3種類も用意いただきました。

オススメの食べ方は、ミックスウニ手巻き!!!!!

贅沢すぎて勿体ない感じもしますが、様々なウニが混じり合ってより深みがでます!!

海苔の磯の香りもプラスされて、脳が溶けそうなくらい美味しいです。

クエ

歯応えこりこりー。

こはだ

味がよーく染み込んでます。

コハダって如実に差が出ますよね。

赤身 漬け

柚皮を細かくしたものが散らしてあり、漬けの濃厚さと爽やかさが両立されています。

トリュフと白子の茶碗蒸し

蓋を開けると、濃厚に香るトリュフ!

目の前で削ってるの初めて見ました!

白子もクリーミーすぎてやばい。

あんな気色悪い見た目なのになんで、おいしいんでしょうね。

いくら&とびっこ&とんぶり最中

最中・いくら・とびっこ・とんぶりの食感が絶妙にマッチした楽しい一品。

金目鯛の昆布締め

こちらも肉厚で油がのってます。

大トロ 炙り

綺麗なピンクの大トロ炙り!

油ノリノリなネタは炙っても香りが立っておいしい。

醤油をつけてから炙っているらしく、ほのかに香ばしさも感じられます。

穴子

塩とタレの二つの味で楽しめます。

とってもフワフワでした。

卵焼き

お魚の白味とかが練り込んである卵だと思います。

しっとりもっちり。

寛平巻き

自分の中の位置づけで寛平巻きって、大したメニューじゃなかったのですが、今まで食べたことあるものと明確に違いを感じられてびっくりしました。

こういうネタにも差が出るものなんですね。

ゆずシャーベット

最後はさっぱり、ゆずシャーベット。

幸せな時間の余韻を感じながら…

店舗情報

関連ランキング:寿司 | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする