受験

税理士試験:簿記論の総合問題はフリクションペン×アイロンが最強

ぽりんです。

来年の8月試験に向けて簿記論をせっせせっせと勉強しております。最近勉強・家事(とゲーム)で忙しくてブログ更新が全然できない;;

簿記論に限らないと思いますが、勉強内容を定着させるためには、問題集は1回解くだけではたりません。先生曰く来年8月までに20周は解き直すとのことでした。

となると、当然問題集にダイレクトに書き込むことは御法度。しかし、大量の問題集を1ページ20枚もコピーすれば、コピー料金だけで破産してしまいますし、受験生にとって最も大事な時間が奪われてしまいます。

そこで私は問題集、テキストを全て電子化してiPadに取り込むことにしました。iPad活用については以下の記事をご参照ください。

iPad勉強法はかなり快適で、文明の発展に感謝感謝だったのですが、大きな問題に直面します。

「総合問題、iPadじゃ解けない問題」

個別問題やテキストはiPadで十分なのですが、総合問題は1つの問題が何ページにも渡って展開されており、字が細かい。iPadの画面サイズでは捌ききれないのです。

ふむ・・・困った・・・総合問題は印刷せざるを得ない・・

せめて最低限の印刷で済ませられないだろうか・・・

そこで登場するのがフリクションペン×アイロン!!!!!

摩擦で消えるでお馴染みのフリクションペンですが、正確には「熱」でインクが消えるようになっています。

そのため、フリクションペンで書き込んだ問題用紙にアイロンをあてることで、問題用紙を再度白紙に戻すことができるのです!!!拍手

さて、やっていきましょう。

アイロンマットとアイロンを用意します。

ちなみに、我が家ではアイロン台ではなくアイロンマットを使用しています。スペース節約にもなるし、どこでもアイロンがけができるので重宝しています。TOWERさんの製品は生活のちょっとした不便を改善してくれるので大ファンです・・

話が脱線してしまいました。こんな感じであれこれ書き込まれた問題用紙ちゃん。

これを4、5枚ずつアイロンしていくのですが、アイロンがけするときは必ず裏向きに!!!表のままかけるとアイロンにインクがつきます(経験談)

少しゆっくりめにアイロンがけしていきます。

するとどうでしょう!!!!!いえーーーーい!!!このとおり元どおり!!!!

修正テープの上から書いた文字もちゃんと消えてくれました。

フリクションペンのサイズはなるべく太めの方が跡がつきづらいです。0.38mmのペンを使った箇所はこんな感じに跡がついてしまったので、0.5mmに書い直しました笑

ということで、簿記論の総合問題はフリクションペン×アイロンが最強です。これで何枚も何枚も印刷する必要がなくなり、お金も時間もスペースも節約できちゃいます!

アイロンではなくドライヤーを使う方もいるようですが、個人的にはアイロンの方がサクサク消えてくれたのでアイロン派です。

現場からは以上です!