京都:人生で一番美味しかった和食「天ぷら 松」

ぽりんです。

今回は、私が今まで食べた中で最強の創作和食屋さん

京都 嵐山の近くにある「天ぷら 松」を紹介するよ!(*´ω`*)

我が家も相当気に入っており、 常連化しております。

京都らしさ全開で、

「外と内」がハッキリしたお店です。

一見さんお断りまではいかないものの、

紹介でない限り、初めていくと かなりよそ者扱いされます。

我が家も初めて行ったときは「食べログの方」と呼ばれながら接客され、おとんは半ギレでした。

2回目以降は優しいよ。笑

スポンサーリンク
PC 336×280




著名人も通うお店?

仲間由紀恵さんや、瀬戸内寂聴さん、

東京電力の社長さんまで

幅広いスゴイ人も通っているそうな。

グルメな友人も、「和食で一番美味しいのは松」と絶賛していました。

それくらい本当に美味しいお店です。

器へのこだわりがすごい

味もさることながら、

こちらのお店で面白いのは器のこだわり方

幕府後半の器や、魯山人の作った器(1皿200万だそう・・)、

わざわざヨーロッパに出向いて調達した器 などなど

器1つ1つに拘っていて、

料理の説明に加え 毎回器の説明もしてくれます。

メニューは?

全てコース料理です。

お昼は 5000円、10000円、15000円からチョイスできるようです。

5000円でも十分満足できますが、

今回は一万円のコースを頼んでみました!

天ぷらはあくまでもサブで、

創作日本料理がメインです。

総じて風変わりな料理なのですが、

それでも絶妙なバランスで「超絶美味しい!!!!」を創り出していて

これぞ職人技と感じさせられます。

1品目 日野菜のおかゆ

1発目は正月らしくおかゆ!

日野菜とは滋賀県の日野町というところが原産のカブの仲間です。

株の部分はしゃきしゃきと、葉っぱの部分は香り高くとてもおいしかったです!

右に添えてある赤い葉っぱは「なん」の葉です。

これをひっくり返しておくことで「難を転じる」という縁起物だそう。

2品目はフグの唐揚げ

だしの効いた麺つゆに、大根・ネギを乗せていただきます。

さすが元は天ぷらやさん。

外はサクサク、中のフグはふっくらホクホクしていて美味です。

こちらのお皿は中央に松と竹、側部に梅が描かれています。

3品目はお造り

鯛・ぶり・甘エビでした。

こちらのお皿は鶴を表しているそうです。

4品目 鰆とみかんジュレ

鰆を炭火で軽く炙り、みかんとゆずのジュレが乗っています。

これが今回の食事で一番美味しかった。

本当に美味しいものを食べる時、思わず目を閉じて無言になってしまうのですが、

これがまさにそれでした。

5品目 車海老の汁

これも最高に美味しい。

こういう出汁物は、この店のレベルの高さがよくわかります。

白味噌ベースで、車海老の出汁が効いていて

ちょっと濃厚で贅沢なお汁でした。

ちなみにこちらの器は、幕末期のものだそう。

6品目 おこわ

2段セットでやってきました。

1段目は自家製カラスミ!

塩分控えめで食感が柔らかく最高に美味しいです。

2段目はうにでした。これもおいしいね!

7品目 カニと蟹味噌のぐつぐつしたもの

蟹味噌が濃厚でこれまたうまい!

中に湯葉も入っていました。

8品目 天ぷら

見た目はあまり良くないものの、味は絶品。

天ぷらってシンプルなようで、意外に難しい料理なんだそう。

確かに、ここのはサクサクして甘みもあって、脂っこさがなくて

まさに洗練されている印象を受けました。

鱒の味噌漬けとさつまいもの天ぷらです。

こちらはごぼうと白子。

9品目は〆のおうどん

毎朝こねこねして作っているんだそう。

〆はいつもおうどんなのですが、

くるたびに味が変わっています!

今回はあんかけ風のおうどんでした。

11品目 デザートのみたらし団子

店舗情報

関連ランキング:懐石・会席料理 | 松尾大社駅嵐山駅(阪急)

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする