東京メトロユーザーは定期券を買わない方が得!!

こんちゃわ。るぅです。

私はサラリーマンです。

働き方改革で週1回は在宅勤務したりするようになり、最近は会社に行く回数が週4回になりました。

週4日しか電車に乗らない今、定期券を買う価値があるのかどうか調べてみました。

今回は東京メトロユーザーに限った場合の調査になります。

スポンサーリンク
PC 336×280




東京メトロユーザーは定期券を買う意味があるのか?

私の場合でシミュレーションしてみます。

[千代田線 町屋] ⇄ [銀座線 新橋] (東京メトロのみ利用)
[千代田線 町屋] ⇄ [銀座線 新橋] の通常料金は 片道¥195、往復で¥390です。

割引率の一番大きい6ヶ月定期は¥43,150になります。

     ¥43,150 ➗ ¥390 = 110.6410256

したがって、6ヶ月で111日以上会社にいくなら定期券が得ということになります。

2018/01〜2018/06までの6ヶ月間の平日は121日です。

有給が年間20日付与されるとして、半年で10日消化すると、出勤日は111日になってしまいます。

つまりカレンダー通りに働いている人は、普通料金と定期券の価格に差がない事が分かりました。

さらに、私のように在宅勤務日があって出社日が少なかったり、1ヶ月や3ヶ月のような割引率の低い定期を買っていたり、飲み会の後に違う駅を利用したりしたら大損になります。

結果:東京メトロユーザーは定期券を買う必要は無い

Tokyo Metro To Me CARDを利用すると、通常運賃が超お得になる

東京メトロが発行している「To Me CARD」というクレジットカードがあります。

このクレジットカードはPASMOと一帯になっていて、オートチャージ機能も付いている超優れものです。

「To Me CARD」のすごいところはオートチャージ機能だけではなくて、定期区間外を乗車するごとにメトロポイントという、1ポイント1円の価値のあるポイントが付与されることです。

カードによって異なりますが、1回の乗車につき最大40ポイントもらえます。

メトロポイントは、そのままPASMOチャージ金額として使えます。

実質運賃が割引されていることになるので、ますます定期券を購入する意味はなく、「To Me CARD」を使って普通運賃で乗った方が断然得になります。

カードは大きく分けて3種類あり、1回の乗車につき付与されるポイント数が異なります。

ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)

私の1番のオススメはこちらの「ソラチカカード」。

ANAマイルをひたすら貯めるマイル乞食には、死蔵カードとして人気のカードです。

1回の乗車につき平日は5ポイント、休日は15ポイント付与されます。

後で紹介する2枚に比べたら、乗車によるメトロポイント付与数は少ないのですが、このカードの特徴として、メトロポイントをANAマイルと交換する事ができます

また「ソラチカカード」は、“入会ボーナスマイルや”カード継続時ボーナスマイル”として、毎年1000マイルがGETできます。

持っているだけでもANAマイルをGETできることから、”マイル自動発生器”とか”死蔵カード”などと呼ばれ、大変人気のあるカードですが、PASMOとして使っても本当に便利でお得です。

先ほどのシミュレーションでは、6ヶ月で111日以上会社にいくなら定期券が得という計算結果でしたが、

1回の乗車につき平日は5ポイント、往復で10ポイントもらえることを加味して再計算すると、半年で114日以上会社に行かないと、定期券の元が取れないことになります。
標準的な有給と祝祭日を考慮すると、半年の出勤日は111日なので、定期券を買わずに「ソラチカカード」で普通に乗った方が全然安くなります。

もし、ソラチカカードを発行する気になったら、ANAマイ友プログラムを活用しましょう。

マイ友プログラムとは、ANAマイレージクラブ会員からの紹介を受けた人が対象カードに入会すると、紹介者と入会者それぞれにマイルがもらえる制度です。

要はこれを利用すると、紹介者と入会者がお互い得になるというわけです。

下記の登録用URLから申し込むだけで、入会特典1000マイルと紹介特典500マイルがもらえます。

デメリットは一切ないです。

通常の入会キャンペーンとも併用できるので安心してください。

下記のリンクから登録できます。

申込者情報登録用URLhttps://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/
紹介番号00013386
カナ氏名タカハシ リユウスケ

To Me CARD Prime PASMO

こちらは、一般的な「To Me CARD Prime」になります。

さきほどのソラチカカードより乗車ポイントは多く、1回の乗車につき平日は10ポイント、休日は20ポイント付与されます。

その代わり、毎年のボーナスマイルはもらえませんし、メトロポイントをANAマイルに交換することもできません。

ANAマイルとかまったく興味ないよって人は、こちらの方がいいですね。

先ほどのシミュレーションでは、6ヶ月で111日以上会社にいくなら定期券が得という計算結果でしたが、

1回の乗車につき平日は10ポイント、往復で20ポイントもらえることを加味して再計算すると、半年で117日以上会社に行かないと、定期券の元が取れないことになります。
標準的な有給と祝祭日を考慮すると、半年の出勤日は111日なので、定期券を買わずに「To Me CARD Prime」で普通に乗った方が全然安くなります。

To Me CARD PASMO ゴールド

さきほどの通常カードのゴールドバージョンになります。

年会費は1万円と若干高額ですが、なんと1回の乗車につき平日は20ポイント、休日は40ポイント付与されます。

先ほどのシミュレーションでは、6ヶ月で111日以上会社にいくなら定期券が得という計算結果でしたが、

1回の乗車につき平日は20ポイント、往復で40ポイントもらえることを加味して再計算すると、半年で123日以上会社に行かないと、定期券の元が取れないことになります。
標準的な有給と祝祭日を考慮すると、半年の出勤日は111日なので、定期券を買わずに「To Me CARD Prime」で普通に乗った方が全然安くなります。

有給なんぞ使わないっていう超企業戦士でも、平日は半年で121日しかありませんよ!笑

まとめ

  • 東京メトロユーザーは、週5回の通勤ならば定期券を買う必要は無い
  • 「To Me CARD」をPASMOとして利用すれば乗車ポイントがついて、ますます定期券を買う必要がない
  • ANAマイルを貯めたい人は「ソラチカカード」、ANAマイルに興味がない人は「通常のTo Me CARD」を発行して利用すべし!!
スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする