4種類のリポドリンの違いについて解説【無印/ハードコア/エクストリーム/エフェドラフリー】

こんちゃわ。るぅです。

皆様理想的な身体を手に入れるために、どのような対策を行っていますでしょうか。

私は水着を着る季節になった時や、フッと気になった時にスポット的にダイエットをするスタイルでやっています。

運動したり極端な食事制限もせず、『リポドリン(Lipodrene)』というダイエットサプリを用いて、なるべくズルして痩せる方法を使っています。

リポドリン(Lipodrene)』に関して気になる方は、実体験のレビューをしているので下記からチェケラ(‘ω’)ノ

こんちゃわ。るぅです。 今回は私が実際に使っていた&現在も時々使っているダイエットサプリ「リポドリン」を紹介いたします。 結果的...
スポンサーリンク
PC 336×280




リポドリンには4種類ある!!

タイトルの通り、今現在リポドリンは実は4種類販売されています。

本日はその4種類の違いと、どれを選ぶべきかを解説したいと思います。

リポドリン(Lipodrene)

↑↑↑上記の画像クリックするとネットショップに移動することができます。↑↑↑

まずは、こちらの『リポドリン(Lipodrene)』です。

私は「無印」と呼んでいて、普段使っているのもコチラになります。

ダイエット効果のある主成分は「エフェドラエキス」という名称で、中国では麻黄と呼ばれております。

「エフェドラエキス」は風邪薬などにも微量ながら配合されており、体の治癒力をサポートするために体温を上げる働きがあります。

要するに体温や血圧や心拍数を上昇させて、強制的に基礎代謝を上げる効果があります。

別記事のレビューにも書きましたが、実際に体調に変化が出るレベルで、薬が効いているのが分かるレベルです。

ゆえに、動悸、めまい、激しい頭痛、血圧上昇などの副作用が生じる可能性があります。

動悸や血圧上昇は本来狙った効果ではありますが、効きすぎると危険なことは推測できるでしょう。

個人的には、効くんだか効かないんだか分からないような日本のダイエットサプリなんて使うなら、『リポドリン(Lipodrene)』一択といっていいほどオススメできますが、もともと持病がある方や、使ってみて体質的に合わない人もいらっしゃると思います。

上記のような危険性を理解して、そのうえで効果があるダイエットサプリが欲しい人にはぴったりだと考えます

リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)

↑↑↑上記の画像クリックするとネットショップに移動することができます。↑↑↑

お次はこちらの『リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)』です。

一見すると、ハードコアなんて付いちゃってるので『リポドリン(Lipodrene)』のさらに強力なバージョンなんじゃないかと思われるかもしれませんが、「エフェドラエキス」を含んでいません。

通常版のリポドリンとは異なり、「エフェドラエキス」を使用していないために、体への負担が軽くなるように改良されています

「エフェドラエキス」の代わりに「アカシアリギデュラ」という植物の成分が入っており、メーカーによると、 ”迅速に脂肪や糖をエネルギーへと変換し、カロリーを消費すると同時に脂肪燃焼の働きもする” そうです。

私はこの「アカシアリギデュラ」という成分にはちょっと懐疑的です。

「アカシアリギデュラ」というワードで検索しても『リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)』関係の記事しかヒットせず、一般的な知見を何も得られません。

また、購入ページには「※メーカー推奨服用期間として3ヶ月以上の継続服用を推奨しております。」の記載があります。

こういう記載のあるダイエットサプリや食品を数多く見てきましたが、効果がかなりマイルドな製品が多いです。

一方、無印の『リポドリン(Lipodrene)』のほうには「8週間以上続けて使用しないでください。」の注意書きがされています。

比較すると、『リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)』のほうがマイルドな効果であることは推測できるでしょう。

無印とハードコアの成分表示を比較して、明らかにバージョンアップしている点はカフェインの分量です。

無印が1錠あたり100mgなのに対して、ハードコアは1錠あたり200mgのカフェインが含まれており、これはリポドリンシリーズの中でも最大です。

カフェインには食欲抑制効果や強心作用、「リパーゼ」という代謝に必要な酵素を活性化する効果がありますので、ダイエット効果を期待できるでしょう。

また、カフェインで交感神経が刺激されることで、毛細血管が収縮し利尿作用が促進されますので、むくみの解消などで急激に体重減少効果が得られることもあります。

リポドリンエクストリーム(Lipodrene Extreme)


↑↑↑上記の画像クリックするとネットショップに移動することができます。↑↑↑

さてさて『リポドリンエクストリーム(Lipodrene Extreme)』です。

黄色・黒色につづいて今度は毒々しい赤色です。

こちらのリポドリンエクストリーム(Lipodrene Extreme)』もハードコアと同様に「エフェドラエキス」を含んでいません

成分は『リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)』とよく似ていますが、コチラのほうが配合量が少なくなっている傾向があります。

煽り文句は無印⇒ハードコア⇒エクストリームと、段々過激にはなっていますが、ハードコアを少しマイルドにしたバージョンと考えていいでしょう。

リポドリン・エフェドラフリー

↑↑↑上記の画像クリックするとネットショップに移動することができます。↑↑↑

最後はこちらの『リポドリン・エフェドラフリー[Hi-Tech Pharmaceuticals社製]』です。

その名の通り、「エフェドラエキス」は含まれていません。

成分的にもハードコアやエクストリームと似ていますが、さらに成分がマイルドになっています。

事実、無印・ハードコア・エクストリームは副作用の記載がしっかりなされていますが、『リポドリン・エフェドラフリー[Hi-Tech Pharmaceuticals社製]』は”副作用の報告はありません”との表記になっています。

まとめ

まず大きく違うのは「エフェドラエキス」という麻黄の成分の有無です。

強い効果を実感したいのなら、『リポドリン(Lipodrene)』を購入すべきです。

効果が強いが上に、危険性もあることを理解しましょう。

私が主に使っている製品も『リポドリン(Lipodrene)』です。

「エフェドラエキス」に抵抗を感じる人、もう少しマイルドな作用を期待したい人、長期にわたってサプリを摂取したい方は『リポドリンハードコア(Lipodrene Hardcore)』『リポドリンエクストリーム(Lipodrene Extreme)』『リポドリン・エフェドラフリー[Hi-Tech Pharmaceuticals社製]』がおすすめです。

記載した順番に成分量が強いものになります。

購入は下記のリンクからどうぞ。

オオサカ堂という、海外サプリメントの個人輸入代行をやっているサイトです。

Amazonや楽天やヤフーショッピングといったメジャーなストアから購入できればいいのですが、残念ながら取り扱っていません。

100錠で5000円ほどの価格です。

スポンサーリンク
PC 336×280




PC 336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする